2005年11月26日

ランナの足はどうなった?

  大たい骨を骨折、ひどい脱臼により神経麻痺を起こしていたランナですが、さて、最近の足の具合についてお話します。


これがランナの後ろ足です。
Pht1115211100.jpg


・・・・・・・と写真を載せてはみたのですが、さっぱり参考にならない写真ですみません・・・・あせあせ(飛び散る汗)



  でも、見かけは普通の脚となんら変わらないことがおわかりいただけると思います。


  ただやはり日々動く姿を見ると、何らかの後遺症があるというのは、ランナの怪我を知らない人が見ても明らかだと思います。

  というのも


●走るとき、前脚だけは左右交互に動かすのですが、後ろ足は「うさぎ」のように両足そろえて、ぴょんこぴょんこ跳んでいるウサギ。(←ある意味、器用)

●角を急に猛スピードで曲がるときなど、後ろ足に負担がかかることをすると滑ってずっこける(←単なる、ドジ?)

●座るとき、後ろ足を投げ出して、「お姉さん座り」する(←ある意味、器用)

●あせったとき、後ろ脚はまったく使わず宙に浮かせたまま、前足だけで走る(←器用すぎるがく〜(落胆した顔)


というような特徴があるからなんです。

でも、それでも日常生活には支障はなくなってきています。


この前、予防接種を受けに獣医さんのところへ行ったのですが、獣医さんもランナの後ろ脚を見て

「だいぶ筋肉がついてきたね」
とおっしゃっていました。

そして、レントゲンでも一番心配された右足の大腿骨は曲がっているのですが、きれいにつながったとわかりました。

後ろ足の右足の長さが短いのも、これから右足をちょっとずつ使うことでいくらか伸びてくるだろうということでするんるん



心配してくださった方々に良い方向に向いていることをお知らせできるのを嬉しく思います。ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



人気blogランキングへクリックお願いします!花火

ニックネーム むぐむぐもぐら at 12:04| Comment(6) | TrackBack(1) | ランナのケガと病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランナちゃん、見た目もまた外科的にも良くなっているようで、本当に良かったですね。
ランナちゃんの「動く姿の特徴」の4番目…
「後脚は宙に浮かせたまま」ってー? 
それってどんな走り方なんでしょうね?
ちょっと想像出来ないです。
そのうち本当に 走り方までトトロの猫バスみたいになっちゃうのでしょうか…?
Posted by ももくり at 2005年11月27日 00:47
ランナちゃん見た限りでは普通の足になりましたね。
いろいろ不便なことが多いようですけれど
とっても器用なランナちゃん、頼もしいです♪
Posted by るぅ at 2005年11月27日 23:21
ランナちゃん、前足だけで走る!!
すごいですね。下半身が細くて軽いから可能なのかしら?
骨がきちんとつながって、本当に良かったですね!
Posted by momo at 2005年11月30日 01:37
ももくりさんへ

足を宙に浮かせたまま、つまり、前足しか使ってないということなんです。だから、前足は筋肉がもりもりついてきているようんです。
Posted by むぐむぐもぐら at 2005年12月01日 06:10
るうさんへ

こんにちは!まだ完治とはいえないようですが、たぶん本人はそれほど気にしてないのではないかと思います。あまり不便なこともなさそうです・・・。相変わらず前足だけで歩伏前進してますし・・・(*^_^*)。子猫だったからある意味幸運だったのだろうなと思います。
Posted by むぐむぐもぐら at 2005年12月01日 06:15
momoさんへ

こんにちは。前足で走る猫って見たことないので、私も驚いています。獣医さんも「すごいな〜」とおっしゃっていました。下半身はやはりちょっと細めです。そして、前足の手の部分は、体重が何倍もある「とこにゃん」より大きいのです!
Posted by むぐむぐもぐら at 2005年12月01日 06:17
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/126422

この記事へのトラックバック

大腿を細くするには
Excerpt: こんにちは。この度、足痩せ情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。
Weblog: 大腿を細くするには
Tracked: 2007-08-24 10:44